tokoproject.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKO PROJECT

シリコンバレー発のテックニュースを中心に発信しています。時々、食べ物や健康に関する情報を発信しています。トライアスロン挑戦中。

自分なりの情報収集術というより、浴びる方法

スポンサーリンク

 
少しずつアクセスが伸びてきました。ブックマークが付くと、やっぱりいいみたいですね。
 
今日は簡単に、自分なりの情報収集方法を紹介したいと思います。タイトルにもしましたが、情報収集というよりは、『情報を浴びる方法』という方が適切かもしれません。
 
※以前の記事で書くと言及していた内容です。
 
これだけ、情報が溢れる時代なので、もう情報ソースを丁寧に選定したり、収集した情報を整理するというのは、少し適さない気がしています。
 
という事で、今日は浴びたい情報の種類を選んで、浴びて、ちょっと丁寧に読みたい記事は保存しておく。ということをしている自分の方法を紹介します。
 
特に目新しいアプリではなく、FeedlyとPocketを使います。スマートフォンで完結できる方法ですが、パソコンでもGoogle Chromeの拡張機能やアプリを使えば、より便利に利用できます。今回は割愛します。
 
f:id:toko926:20160414175900p:image
 
以下アプリのダウンロードリンクです。
 
Feedly - your work newsfeed by DevHD
Pocket: Save Articles and Videos to View Later by Read It Later, Inc
 
まずはFeedlyについてです。これは、おなじみのRSSリーダーというやつです。新着記事があったら読みたいブログやニュースを予め登録しておいて、新着があったら通知してくれます。
 
 
f:id:toko926:20160414180504p:image
 
スマートフォンからは、検索ボックスから、サイト名や、ジャンルを入力すると候補のサイトが出てきます。ここでは、フォローワー数が出ているので、『ジャンルを入力して、フォローワー数が多い、信用できそうなサイトをいくつかフォロー』みたいな雑な感じでチョイスしています。もちろん他の方法で知ったサイトをここで登録してもいいです。
 
f:id:toko926:20160414180703p:image
 
例えば、NewsPicksだと、記事タイトルの下にサイト名がありますよね。
 
f:id:toko926:20160414180143p:image
 
僕はこんな感じにジャンル分けしてます。各分類の中では、幾つかのニュースサイトをフォローしています。
 
f:id:toko926:20160414180152p:image
 
ジャンルをタップすると、書く記事が表示されます。スクロールでタイトルをざっと見て、興味のないものは飛ばしてしまいます。
 
f:id:toko926:20160414180215p:image
 
記事をタップすると、実際のページに飛べます。真ん中上に、Pocketのアイコンが見えますが、これが便利なんです。この後紹介しますが、後で読みたい記事を後で読む、Read it Laterできます。
 
 
f:id:toko926:20160414180822p:image
 
Pocketのメイン画面です。『後で読む』とした、サイトや記事が一覧で表示されます。
 
f:id:toko926:20160414180943p:image
 
先ほどのFeedly経由でもいいですが、たまたまSafariでブラウジングしていた時に出会っていた記事も、『後で読む』とすることができます。iPhoneだと下のドロワーから利用できます。※最初はOnにしないといけないかもしれません。
 
f:id:toko926:20160414181113p:image
 
tagを付けて分類する事もできますが、まぁ、あんまりやらないですね。
 
こんな感じです。この方法では、例えば集中的に触れたいジャンル、僕ならFintechとかDroneについて、ガッと浴びて、消費して、みたいな事ができます。この記事、ブログのネタにしようかなーみたいな事もできますね。
 
ポイントはスマートフォンで完結できること。やはり、これがポイントです。