tokoproject.com

TOKO PROJECT

シリコンバレー発のテックニュースを中心に発信しています。時々、食べ物や健康に関する情報を発信しています。トライアスロン挑戦中。

Apple Watchが売れてない!まだ買ってないけど、欲しいから下火にならないで欲しい

スポンサーリンク

Apple Watchがあまり上手くいっていないようです。

 
 
記事によると去年の販売台数は約1,000万台、今年の販売予想はそれを下回るとの予想。iPhoneがグローバルで年間2億台売れているのを考えるとやはり少ないなーとも思うのですが、販売奨励金もなければ、必需品でもなく、ウェラブルデバイス自体が総じてまだ火がついていないので、当然といえば当然かもしれません。
 

でもApple Watch 欲しいんです!こんな風に使ってみたい。

既にApple Watchで対応してるかは、未確認なんで、してたらコメントで教えてください。笑
 

1.メッセでスマホを触る時間を減らしたい

メッセージの通知が特に多いんです。。しかも色んなアプリに、facebook、LINE、whatsapp、SMS、imessage。今はか弱きブラックベリーのBBMのような形でこれらのメッセージアプリを統合して、Apple watchに通知をしてくれて、多様な定型文と、音声での返信はもちろん(下のfacebook messangerではもうできるみたい)LINEみたいなスタンプでの返信や、siriでの返信をできるようにして欲しいです。siriはスマートに他言語対応して欲しい。メッセージの内容見て、何語なのか識別して都度切り替えて欲しいです。
 
f:id:toko926:20160417081406j:image
imore.com
 
f:id:toko926:20160417081527j:image
youtube.com
 
f:id:toko926:20160417081757j:image
igeeksblog.com

2.語学学習に使いたい

僕は走っている時に、外国語学習をしています。基本的には例文や単語を聞いて、唱えています。ちょっと怪しい人なんですが、大学受験の時も、古文学習で有名なゴロゴ、とか、TOEICで900点超えた時もDUO3.0をひたすら聞いていました。でも、この学習方法難点は、聞いただけでわからない時、『なんだっけ?』って時にスマホをオープンしないと例文や単語が見れない事なんです。これをスマートフォンに表示して欲しい。そしてタップしただけで、マークできて、後に学習できるようにして欲しい。これ、アプリとしてはいい気がするんだよなー。例文を聞いて学習することにフォーカスしたアプリってあまりなく、意外にApple watchと相性がいい。欲しいです!なんか、画像的にはありそうな雰囲気。。。
 
f:id:toko926:20160417085845j:image

idownloadblog.com

 
 
あと、もう1つ欲しいのが、How Can I say this in ,,,機能です。勝手に命名した機能ですが、頭の中で、『これ、中国語でなんて言うんだっけ?』って時に、Apple watchに話しかけると、1.回答を表示 2.読み上げ 3.ログをストック という事をしてくれる。いちいちスマホ出して調べるのはめんどくさいし、後でやるのは忘れてしまう。でも、語学学習者にとっては、この瞬間の積み重ねが実用的な語学スキルの習得チャンスなんですよね。欲しい。。
 

3.リマインダーとして使いたい

 
僕は注意力や記憶力がなく、時間でのスケジュールのリマインドなのはもちろんなんですが、物や場所に近づいたら、リマインドして欲しいんです。例えば、家を出る時に玄関で、『携帯、カギ、財布、薬、は持ちましたか?』とApple Watchが振動して知らせてくれるか、冷蔵庫に近づいたら『牛乳はまだありますか?』→コンビニで『牛乳を買いましょう』と言ってくれるみたいな。IoTの世界ですが、牛乳パックも含めて笑 ありとあらゆるものにセンサーがついたりネットに繋がると実現できます。ちょっと無理ですかね。でも、家庭内の位置情報として、安いシール型のBeaconとかは出てないのかなー。面白いと思うのですが。スマートホームですね。家電のコントロールはApple Watchでもうできるはず。こんな感じ。
 
f:id:toko926:20160417083724j:image
finitesolutions.co.uk
 

4.パーソナルアシスタントになってください

 
スケジュール関連はもちろんですが、先日の記事で書いた、GoogleのGoalsのように、もっと賢くなって欲しいです。特に、スケジュールを管理してて困るのが『リスケ』です。会議のリスケや、会う約束、病院の予約など、一度スケジュールに入ったはいいが、リスケになったものは、セットをよく忘れてしまいます。スケジュールの始まりに、『予定通り開始』、『リスケ』などをApple Watchで入力できて、1日の終わりに、Apple Watchが、『今日のリスケした予定は以下の通りです、日程はどうしますか?』とリマインドしてアプリで再セットできると嬉しい。。
 
f:id:toko926:20160417084248j:image

macstories.net

 

blog.tokoproject.com

5.災害発生時に補助して欲しい

昨日は災害時に比較的PHSが繋がりやすい事を取り上げましたが、その後家族で災害発生時の事を決めていました。Apple Watchで実現できるとしたら、緊急地震速報はもちろん、位置情報と避難所情報の連動でMapを使って誘導してくれる、Twitterなどでの重要な災害情報の読み上げ、避難指示の表示、アラートをApple Watch上でしてくれる。指定した人へワンタップでメッセージや安否が送信できるなど。災害時はスマホの画面にかじりついていると危なかったり、時計であれば身に付けているので、被災した瞬間に持っている確率は上がり、アラートを見逃しにくいという特徴はマッチしていると思いました。
 
避難所情報は既に対応しているみたいです

6.ドローンのコントローラになってほしい

ドローンも欲しい!のですが、最新モデルは被写体の追跡機能がすごいです。このDJI phantom 4のプロモ映像ではバイクを追跡しています。ドローンはiPhoneなどが簡易リモコンにできますが、やっぱりこの走っている時に、iPhoneを取り出して操作するというのはスマートじゃないです。Apple Watchで簡単に『緊急終了』、『予定着陸地へ帰る』、『追跡対象を変更』など指示できるといいですね。
 

7.Goproなどのカメラのコントローラーになってほしい

これもドローンのリモコンと同じ発送です。
セルフィーのリモコン、Goproのリモコンなど、リモコンをたくさん持ち歩くのは凄くスマートじゃないです。これもApple Watch上で実現して欲しい。これはもういくらでもありそうだな。
 
f:id:toko926:20160417085443j:image
tkysstd.com
 
そして、やっぱり単体でも機能して欲しいです。現状はiPhoneを一緒に持っていないと、機能性が相当に落ちます。そして単体で通信できるようにSIMを挿せるようにして欲しいですね。これは、AppleがMVNOやるという話もあるので期待できます。Appleが世界中でネットワークを提供してくれれば、海外行く時に、パケ放題を気にするとか、SIMを挿し替えるなんてしなくてよくて、すごく楽になりそうなので、是非実現して欲しい。
 
以上です。
 

※こんな記事も書いています。 

blog.tokoproject.com

 

blog.tokoproject.com

 

 

blog.tokoproject.com

 

 

blog.tokoproject.com