tokoproject.com

TOKO PROJECT

シリコンバレー発のテックニュースを中心に発信しています。時々、食べ物や健康に関する情報を発信しています。トライアスロン挑戦中。

アップルの次の大型企業買収が今年はありそう!?

スポンサーリンク

appleの次の大型企業買収が今年はありそう!?

www.businessinsider.com

appleのCEOティムクックが「大きな企業の買収をする用意がある」と示唆した事が報じられています。appleは財務諸表をみると20兆円以上の売上と5兆円ほどの利益から、現時点でキャッシュと有価証券で25兆円ほどの投下可能な資産を保有しています。彼らはビジネス上多くのキャッシュが蓄えられてしまう(贅沢ですが)悩みがあります。この大きさですが、時価総額だけで判断すると、日本の大企業で買えない企業はありません。トヨタでも20兆円以下なので、本気で買おうとすれば買えてしまいます。(25兆円をすべて拠出できる訳ではないので当然現実的ではないでしょうが)。appleは2014年には30億ドルでBeatsを買収していますが、それ以降大型の買収はないです。昨年は小さな買収を数多くしています。appleの買収目的は、利益やユーザーの獲得ではなく、人材や技術の獲得になると記事の中では言及されています。シリコンバレーでは、人材を企業ごと買ってしまうという事が多いです。(別記事で)
 

あるか!?アップルの大型買収。過去の話題。

これは2013年秋のニュースです。まだtwitterが上場をする前で、アップルはソーシャルでの遅れを取り戻すために、twitterを買収すべきだという意見が多くありました。結果twitterはこの翌月に上場し、買収はありませんでした。現在のtwitterは1兆円ほどなので、買収可能ですが、昨今のtwitterを見ていると可能性は低いですね。appleもソーシャルに仕掛けるのであれば、違うアプローチをとるはずです。

アップルの最近の買収は?

最近の3社はどれも、ティムクックが述べた方針に沿っています。
 
LearnSprout (教育系ソフトウェア)
 
こちらは、学校向けのソフトウェアを開発しているスタートアップ。学校と教師向けに、生徒の成績などを管理するソフトを開発しています。アップルは、iPadなどが教育現場で活用されていますが、より安価なgoogleのChromebookに苦戦しています。
 
 
Faceshift (画像認識技術)
 
こちらは、スターウォーズでも使われた、モーションキャプチャーの技術を保有する、スイスのチューリッヒにあるスタートアップです。アップルのカメラへのインテグレートも期待されますが、最も期待されるのはやはり、アップルのVR分野への進出でしょう。下の動画でも、動いている人物に仮想現実をオーバーレイする映像がありますが、アップルのコンテンツディストリビューション力とプラットフォーム形成のポテンシャルはVR市場で最も有力なプレイヤーになり得ます。
 
 
Mapsense (位置情報ビッグデータ解析)
 
こちらはサンフランシスコにある、位置情報をビッグデータ解析し、ビジュアライズする技術とソフトウェアを開発するスタートアップです。appleは地図の分野でgoogleに明らかな遅れをとっています。こちらの買収も、技術と人材を獲得するための買収ですね。re-codeによると12名のチームで、元々はピーターティールが投資した事で有名なデータ解析のパランティアにいたエンジニアチームのようです。
 f:id:toko926:20160427234307g:image
 

テスラ!? GoPro!? Adobe!? Box!?をアップルが買収!?

fortuneの記事によると、イーロン・マスクのテスラモーターズ(約3兆円)、アクションカメラのGoPro(約2,600億円)、画像系のソフトウェアのAdobe(約4.5兆円)、オンラインストレージのBox(約1,600億円)が買収候補に上がっています。イーロン・マスクは過去になんども否定していますが、Appleが自動車事業を買収する事により乗り出すのあれば、最高のターゲットです。環境配慮のコーポレートカラーももちろん、デザイン哲学も似ている部分があると思います(アップル→テスラの移籍は多いですからね)。その他の候補はイマイチ。。。アップルはVR関連の大型買収をしないかなと思っています。まさかのHTCとか。以下、NewsPicksの記事です。コメントが参考になるのが、良いですね。以上。