tokoproject.com

TOKO PROJECT

シリコンバレー発のテックニュースを中心に発信しています。時々、食べ物や健康に関する情報を発信しています。トライアスロン挑戦中。

セラノスがついに陥落か。独自技術による過去2年の検査結果を破棄。血液検査簡便化への挑戦は続いてほしいなー

スポンサーリンク

IC:www.wired.com

※2016/7/9続報 エリザベス・ホームズへの処分の内容が決定しました 

blog.tokoproject.com

評価額9000億円のユニコーン、セラノスがついに陥落か

Theranos Inc. has told federal health regulators that the company voided two years of results from its Edison blood-testing devices, according to a person familiar with the matter.
WSJの報道によるとアメリカの血液検査のユニコーン企業セラノスが過去2年間に自社の検査機器エディソンで行った血液検査の結果を破棄したそうです。アメリカの有名経済学者ジェフリーサックスも、「何万もの血液を集め、無効にするのは壮大な詐欺だ」とツイートするほど騒ぎになっています。
 
 
要するにリコールです。車のリコール隠しはユーザーに危険を及ぼすのと同じく、医療における検査結果のリコール隠しは、医師や患者の判断と意思決定を狂わせます。今回の疑惑では隠していたかも議題になっています。
 
エリザベスホームズが語っていた「判断に必要な医療情報へのアクセスを提供する」というビジョンも、正確性がなければ意味がありません。
 
一部報道によるとセラノスは検査結果の信頼性に疑義があることを知りながら、また社内の基準に満たない結果についてその事を知りながらもユーザーにリリースしていたという疑惑を持たれています。
 

セラノスへの調査の目はありとあらゆる機関から

 

今回のリコールについては、刑事告訴やエリザベスホームズや会社が検査ビジネスに関われなくなる制裁を受ける事を免れる為の一手と言われています。wiredの報道によると、既に捜査の手が及んでおり、その波及可能性の大きさにも言及しています。
 
The federal investigations, reported this week in the Journal, cover both civil and criminal law. For one, you’ve got the US Securities and Exchange Commission—which you may remember as the agency in charge of making sure companies do not bilk their investors or the public. The SEC can’t send anybody to prison, but the Department of Justice can. Which, by the way, is the other federal agency looking at Theranos’ business
And if … if the SEC finds evidence of misrepresentation, the company could be in all kinds of trouble. “The SEC has a variety of enforcement mechanisms at its disposal,” says Stevenson. It can, for instance, make Theranos pay back its investors, issue penalties, negotiate settlements, even bar Theranos’ leadership from serving as officer or director of a public company. Anything short of prison, basically.
Except the Department of Justice is also doing an investigation. They’ll probably be looking for evidence of consumer, rather than investor, fraud. Theranos sold its tests in Walgreens, to hospitals, and through Medicare and Medicaid. 
If the DOJ concludes that Theranos was charging money for a test it knew was not accurate, that would violate health care laws, and could earn people prison time.
 
SEC(証券取引委員会)、DOJ(検察)も捜査に乗り出しているそうです。SECは投資家を欺いていないか。もしデュージェリエンスやバリュエーションの過程などで投資家を欺くような証拠が見つかれば、訴訟になり返金などが起こり得、DOJが消費者を欺くような行為(上述のような疑惑)が見つかれば罰金だけでなく刑事告訴になり得ます。
 
セラノスは血液検査キットをウォールグリーンなどの薬局チェーンで販売しています。購入し、その検査結果を信用して保険に申請したり医療を受けていた人がいるわけです。
 

9億ドルの評価額の裏付けだったエディソン

 

今回の対象になった、検査機器であるエディソンは9億ドルの評価額の裏付けになっています。セラノスの検査の技術的な裏付けについては秘密が多く、疑問を呈する人が多かったそうです。昨年から加熱したその信頼性に対する報道について、セラノスもCEOエリザベスホームズも反論を続けていましたが、データによって検証可能な形では一度も行われていないそうです。9億ドルの評価額がゼロになりかねない

誰が悪いのか

以下の記事では、この事件の責任は全員にあり、特にセラノスを賞賛してきたメディアだとしています。記事の中では、セラノスを賞賛してきたメディアの記事が大量にリストアップされています。
 
クレイジーな評価額も含めて、これらが複合的に消費者を騙し、セラノスの経営陣にも強烈なプレッシャーを掛けたのではないかと個人的には思います。プレッシャーに屈してしまってはいけないのですが。
 

 

Finally, the question everyone should be asking is who enabled this fraud for so many years? The simple answer: everyone, and especially those who have an agenda to conduct one endless infomercial for a product that ended up being an epic fraud. Here is a sample (courtesy of Bruce Quinn).
 

メインプレイヤーが変わるだけにしてほしい

 
まだあくまで疑惑の段階ですが、上のTEDトークでも語られている、セラノスの当初のビジョンでである、血液検査が安価に、数滴の指先からの血液で短時間にスマホでわかりやすく、記録していける世界を応援していました。セラノスが実現するには大きな困難を伴いますが、誰か他のプレイヤーに絶対に実現して欲しいです。
 
 
Googleもこの分野に参入しているそうです。期待したいです。