tokoproject.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKO PROJECT

シリコンバレー発のテックニュースを中心に発信しています。時々、食べ物や健康に関する情報を発信しています。トライアスロン挑戦中。

2016年リリースのTEDトークオススメ5選。貧困問題、素晴らしいトークの秘訣、シェアリングエコノミー、バーチャルリアリティ。

TEDtalk(テッドトーク)

スポンサーリンク

f:id:toko926:20160529224930j:image

画像:barista.co.jp

 2016年にリリースされた、TEDトークのオススメを紹介します。

テーマはグローバルな社会問題の解決アイデア、素晴らしいトークを生み出す秘訣、Uber、Airbnbの創業者のトーク、 バーチャルリアリティのデモンストレーションです。

トークのトピックの面白さだけでなく、スピーカーの熱意や斬新なアイデア、刺激的な描写から引き込まれるトークを選びました。 

1.ヒュー・エヴァンス: 「地球市民」としてみんなで世界を動かそう

www.ted.com

 グローバルシチズンというNGOを率いる、ヒュー・エヴァンス。幼い頃から様々な世界の矛盾や不公平に疑問を持つ。特に青年期にホームステイ先のフィリピンでの生活から、貧困の現実に愕然とし本格的に支援の道へ。その地球市民という名前から想像できるように、『国民として』だけではなく、『地球に住む一員として』も問題を捉えることでキッカケと熱意を持ってもらうことを重要なコンセプトにしている。過去に国連のミレニアム開発目標で決まった予算が実現されなかった苦い経験などから、貧困問題に真にインパクトを与えるためには、国家横断的に規模を持ち、自ら主体的に活動すること、そして関わる人の熱意を継続させる事が重要だと考えている。キッカケを持った人の熱意を持続してもらう為に、ユニークなチケット入手方法を採用した、豪華ゲスト出演のフェスティバルの開催など活動を精力的に続けているそうです。このトークの見どころはなんといっても迫力。テンポ感の良い熱のこもった問いかけに引きこまれていきます。 

2.クリス・アンダーソン: TEDが素晴らしいスピーチを生む秘密

www.ted.com

クリス・アンダーソンはジャーナリストで、TEDカンファレンスのキュレーターに2002年に就任しています。著名なスピーカーが登場するトークの後にクリスが登場し、質問や対談を繰り広げるシーンを見たことがある人は少なくないのではないでしょうか。このトークでは長年TEDトークを最前列で見てきたクリスが素晴らしいトークが生まれる秘訣を語っています。彼によると、講演者のすべきことは何よりも、聴衆の頭の中へ特別な贈り物、それは奇妙だけど美しい「アイデア」あること。通常、頭の中はアイデアで満ちており、それはランダムに入っているのではなく、巧妙に繋がり合っていて、全体としてとても複雑な構造を形成し、それがその人の世界観となるそうです。そして、その世界観というのは何百万という個々のアイデアから形成されている。この世界観によって人々は判断したり行動したりする。講演者は聴衆の頭の中にアイデアを構築し、その人の世界観にインパクトを与えることができる。これが実践されている、トークが素晴らしいトークになるそうです。トークの中でその為の4つの秘訣を語っています。

【1】スピーチの主要なアイデアは 1つに絞ること

【2】聞く人に関心を持つべき理由を与えること

【3】聴衆が既に 理解している概念を使って 1歩1歩アイデアを 築いていくこと

【4】自分のアイデアを みんなに知らせる 価値のあるものにすること

 

TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド

TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド

 

 

3.トラビス・カラニック:車利用を劇的に効率化するUberのプラン

www.ted.com

以前、こちらの記事で紹介したUberのCEOトラビス・カラニックのトークです。100年以上遡って1914年、最初のライドシェアと呼ばれるジットニーを紹介しています。結局、その後ジットニーは自動車産業のロビー活動により潰されてしまいます。現代に戻り、いかに交通事情が悲惨か。渋滞、乗られない車、CO2。ウーバーの最初のコンセプトはボタンひとつで車を呼ぶことができること、そこから彼らはサービス運営の中で得たデータからビジネスを変化させていきます。ウーバーの存在は広く知られるようになりましたが、そのCEOであるカラニックを日本語で知ることができる機会は少ないので貴重なトークです。

4.アレックス・キップマン:ホログラム時代の未来にあるもの

www.ted.com

アレックス・キップマンはマイクロソフトのバーチャルリアリティーヘッドセット、Hololensを開発に携わっているクリエイターです。このトークの魅力は、衝撃的な拡張現実体験を垣間見ることができる点です。もう一人の遠く離れた場所からHololensを利用する者が、あたかもそこにいるようにコミュニケーションする様子がリアルタイムでデモンストレーションされます。Hololensを用いれば、コミュニケーションにとどまらず、NASAが火星を撮影し映像を用い作られた世界で、あたかも火星の表面を歩いているかのように惑星探査ができます。これから先、仮想現実、拡張現実が作り出すクレイジーな未来を体験してください。

5.ジョー・ゲビア:Airbnbの成功の裏にある信頼のためのデザイン

www.ted.com

Airbnbの共同創業者ジョー・ゲビアのトークです。TEDの訳では、『デザイン』が強調されていますが、『ユーザー体験』や『サービス設計』をデザインするということです。見ず知らずの第三者に、自宅の一部を朝食付きで有償で貸し出すという、当初のエアーベットアンドブレックファストAirbnb。乗り越えるべきは、やはり『信頼』です。『知らない人は危険』というマインドを持つユーザー同士が、同時にオンライン上で出会った、見ず知らずの第三者を信頼し申込み、承認するという行為を如何に成立させるか。徹底的にサービスを設計し、ユーザーに成功体験を与える事にこだわってきたAirbnbのストーリーを創業者が語ります。