tokoproject.com

TOKO PROJECT

シリコンバレー発のテックニュースを中心に発信しています。時々、食べ物や健康に関する情報を発信しています。トライアスロン挑戦中。

食べるな危険?最近、カラダに入れるのを止めた、避けるようになった10のモノとその理由。

スポンサーリンク

「食べるな危険」の画像検索結果

pictgrambox.blogspot.com

 

最近、食べ物の危険性や、食べ物が原因で起こる現代の死因になる病気(ガンや心臓病)について勉強するにつれて、一切食べない、もしくは食べるのを躊躇したり、できる限り避けるようになった食べ物が増えてきました。

生き辛いなー、とも思うのですが、病気の怖さや人生への影響は計り知れないですし、カラダの調子やパフォーマンスの向上が体感できているので、止める気はないです。

今回紹介する10のもの以外にもあるのですが、タイトルに10と書いてしまったので、10にします。これを読んだ方のキッカケになっていただければ程度に書きます。

1.小麦

グルテンフリーと呼ばれるものです。このブログでも何度か書いてきましたが(※関連記事は最後にリンク貼っときます)、小麦に含まれるグルテンというたんぱく質が様々な悪さをするのです。これは、生産量を増やす為の品種改変によってもたらされた事で、古代の品種の小麦にはこの悪さはないです。血糖値を上げやすいGI値を上げる食品で、太りやすく、カラダにストレスも与えやすく、様々な病気の原因になります。小麦を断つと、小麦で作られる、パン、うどん、ラーメン、うどん、ピザ、などが全部NGになります。海外では「GlutenFree」と表示されたパッケージやメニューが多いのですが、最近は日本でも増えてきましたね。グルテンフリーの商品には添加物が多いこともあるので注意が必要ですが、良い傾向だと思っています。体重も減って肌もキレイになりますよ。僕はこの古代小麦のパスタを買っています。 ライ麦パンとかふすまパンならオッケーですね。※アレルギーじゃなければ

Alcenero(アルチェネロ) 有機全粒粉スペルト小麦・スパゲッティ 500g

Alcenero(アルチェネロ) 有機全粒粉スペルト小麦・スパゲッティ 500g

 

 

2.お肉や魚全般

お肉や魚もほぼ、止めました。これによりほぼベジタリアン的な生活になっています。お肉や魚などの"たぶん"動物性たんぱく質がカラダに合っていないってもあるのですが、お肉の生産過程で使われる、農薬まみれの遺伝子組み換え飼料や、抗生物質、その他のホルモン剤などの不安が払拭できません。動物性のたんぱく質によって、ガンや心疾患のリスクが高まるという研究もたくさんあるので、止めることにしました。魚や魚介類は海洋汚染が心配です。

 

チャイナ・スタディー 葬られた「第二のマクガバン報告」(合本版)

チャイナ・スタディー 葬られた「第二のマクガバン報告」(合本版)

 

 

3.加工肉

これは、2の理由に加えて、添加物や着色料です。去年WHOがハムやソーセージを発がん性があると認定しました。喫煙並だとしています。検証の方法について業界関係者からの批判もありますが、感覚的にも発がん性はありそうだなと感じてしまいます。この時、同時に赤身肉も発がん性があるとされています。

jp.wsj.com

4.牛乳・乳製品

牛乳や乳製品も止めました。日本人の多くは乳糖不耐症があり、うまく消化できないのと、牛乳にはカルシウム・パラドックスという性質があり、カルシウムを逆に流出させてしまいます。また、牛乳に含まれるカゼインというたんぱく質は、ガンの大好物で促進因子だとわかっています。

nutritionfacts.org

5.プロテインサプリメント

運動時のプロテインも止めました。どうしても食事から摂れない時に大豆のプロテインを飲んでいますが、これも止めようと思っています。動物性のたんぱく質をつかったプロテインは上記の理由の通り、ガンやその他の病気が怖いのですが、植物性のたんぱく質でも=分離された栄養、で、酵素や有機性を失い、カラダに負荷をかけ、酸化させる要因になります。カラダの酸化は老化や病気の元になるので、たんぱく質はプロテインサプリメントからではなく、食べ物から摂るようにしました。今はヘンプシードを試しています。 

Hemp Foods Japan 「麻の実ナッツ (ヘンプシードナッツ) 250g

Hemp Foods Japan 「麻の実ナッツ (ヘンプシードナッツ) 250g

 

 

6.人口合成甘味料

これは最悪です。低血糖症や甘み中毒だけでなく、肥満の原因。結論ではないですが、いくつもの健康的なリスクが指摘されています。サッカリン、アスパルテーム、アセスファムカリウム、スクラロース、ネオテームと呼ばれるものです。加工食品や清涼飲料水の裏を見るとだいたい入っています。ダイエットコーラやスポーツドリンクなどにも入っています。この本を読んで勉強しました。本当に怖いです。 

カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側

カロリーゼロにだまされるな―――本当は怖い人工甘味料の裏側

 

 

7.異性化液糖

6.と同じく、肥満の原因や血糖値の急上昇に繋がります。ほとんどは遺伝子のトウモロコシから糖質だけを抽出したコーンシロップです。加工食品や清涼飲料水に同じくよく(ほとんど)使われ、「果糖ブドウ糖液糖」や「ぶどう糖果糖液糖」などと表記されています。甘みは、ちゃんとした食べ物から得ましょう。ヘルシーなはずのスムージーも、コンビニのものはほとんど果糖ブドウ糖液糖が入っています。裏を見て添加物が多いものはもうアウトにしています。食べ物とは呼べない食品もどきもたくさんあるようです。

加工食品の危険度調べました (三才ムック vol.546)

加工食品の危険度調べました (三才ムック vol.546)

 
体を壊す10大食品添加物 (幻冬舎新書)

体を壊す10大食品添加物 (幻冬舎新書)

 

 

8.カフェイン

適量ならいいのですが、摂りすぎで、副腎(ストレスに対処する器官)機能にダメージを与えます。副腎疲労というやつです。特に精神疾患がある人は要注意です。基本的にエナジーブースター的な役割があるので、カラダを酷使するのです。眠いのはカラダが休みたいサインで、それを無理やり興奮や覚醒させるので当たり前ですよね。同じ理由で唐辛子も使うのを控えるようになりました。どちらも必要な時、つまりエネルギーの前借りをしたい時だけにしました。前借りしたエネルギーは必ずなんらかの形で返済が必要です。 

参考:副腎疲労が疲労の原因

一個人9月号

一個人9月号

 

 

9.トランス脂肪酸

マーガリンなど、大豆油などの植物油脂に水素を加えた時にでる有害物質です。表示義務がないのは、日本ぐらいだそうです。加工食品のパッケージには、植物油脂と書いてあることが多いです。LDLコレステロールの上昇、心疾患のリスク増などがわかっています。 

なぜ、マーガリンは体に悪いのか? (廣済堂健康人新書)

なぜ、マーガリンは体に悪いのか? (廣済堂健康人新書)

 

 

10.揚げ物

これはハイカロリーだからではなく、酸化の王様だからです。油は酸化しますが、高温で揚げると更に酸化しやすいです。揚げてすぐに食べるのならいいのですが、出来合いの惣菜や弁当などの揚げ物は酸化が進んでいて、最悪です。カラダの酸化は抵抗力の低下、老化、病気、肥満のリスクを高めます。排除すれば排除するほど調子がいいです。飲食店でバイトしたことがあれば、多くの店がどんな油で揚げているか分かる人も多い気がします。。。

 

行ってはいけない外食: 飲食店の「裏側」を見抜く! (知的生きかた文庫)

行ってはいけない外食: 飲食店の「裏側」を見抜く! (知的生きかた文庫)

 

 

都会で暮らしていると、何を食べればいいのか。と思ってしまうぐらい、日本の食の環境は酷いことがわかりました。