tokoproject.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKO PROJECT

シリコンバレー発のテックニュースを中心に発信しています。時々、食べ物や健康に関する情報を発信しています。トライアスロン挑戦中。

FaceBook(フェイスブック)がビジネス用コラボレーションツールを発表。機能や特徴、ユーザーの声を紹介。ユーザーインターフェースはほぼ一緒!?

News(ニュース)

スポンサーリンク

f:id:toko926:20161014083150p:plain

FaceBook(フェイスブック)がビジネス用コラボレーションツールを発表

FaceBook社がビジネス用コラボレーションツールを発表しました。

その名も『WorkPlace(ワークプレース)』です。

f:id:toko926:20161014074300p:plain

【Workplace クイックレビュー】

・UI(ユーザーインターフェース)はコンシューマー向けフェイスブックとほぼ同じ
・価格は使用する社員1人につき1~3ユーロ(約120~350円)。非政府組織(NGO)や教育機関は、無料で使用できる。
・ユーザーのアカウントは個人のアカウントからは独立し、完全に別のアカウントを使用する
・アプリはフィードやグループに投稿する『Workplace』とチャット用の『Work Chat』に分かれている。これもコンシューマー向けと同じ仕様
・機能もほぼ同一。『フィード』、『イベント』、『グループ』、『チャット』、『ライブ』、『プロフィール』
・他の企業とのコラボレーションも可能
・セキュリティレベルはコンシューマー向けより強化されている、EYが監査済み
・コンシューマー向けに展開されているターゲティング広告は当然表示されない

f:id:toko926:20161014075232p:plain 

【個人的な勝手な評価】

・最大の強みはユーザーがこのユーザーインターフェースに慣れ親しんでいる事で、導入障壁が低い。GmailがGoogleAppsの企業への導入に貢献しているのと同じ。

 

・これまでFacebookをビジネスに利用してきた人は非常に多かった。特にスタートアップ層。おそらくその層と中小企業でのFacebook Workplaceへの移行が先に進む。日本の大企業ではほとんど導入されない気がしている。

 

・Slack(スラック)とはバッティングしない。Linkedinともバッティングしない。ポジショニングとしては非常に良い

 

フェイスブック Workplace 機能紹介 1.グループ機能

f:id:toko926:20161014074438p:plain

左のメニューからグループを選択してそれぞれのグループの『ウォール』にアクセスできます。これもコンシューマー向けと同じインターフェース。

f:id:toko926:20161014074442p:plain

『グループ』の作成画面。簡単です。説明を書いて、同僚を招待するだけです。グループの公開レベルは"オープン"、"クローズド"、"シークレット"となっています。後者2つの違いは、"招待されればメンバーになれる"、"グループの存在自体が秘密"という違いです。

f:id:toko926:20161014075035p:plain

フェイスブック Workplace 機能紹介 2.プロフィールとニュースフィード

f:id:toko926:20161014075040p:plain

 完全に一緒です。

 

f:id:toko926:20161014075959p:plain

こんな感じで社内の連絡先がわかるのは便利かもしれませんね。使い慣れたFacebookのユーザーインターフェースはコミュニケーションの起点にしやすいです。

フェイスブック Workplace 機能紹介 3.チャット

 

f:id:toko926:20161014075104p:plain

ちょっと分かり辛いですが、右下にチャットボックスが見えます。 PCブラウザ版のユーザーインターフェースでは、このようにコンシューマー版とまったく同じインターフェースでチャットが可能です。ビデオチャットも当然可能です。

 

コンシューマー向けの『Messanger(メッセンジャー)』と同じくアプリは分かれています。ユーザーインターフェースはほとんど同じ。

 

「間違えてプライベートのアカウントにファイル送っちゃった」みたいな事はアリそうですね、、、

f:id:toko926:20161014080249p:plain

f:id:toko926:20161014080255p:plain

f:id:toko926:20161014081105p:plain

 

フェイスブック Workplace 機能紹介 4.イベントとライブ

 

f:id:toko926:20161014075153p:plain

これはかなり便利だと思います。社内イベントの告知や出欠管理が容易です。「お前、行く!?」みたいな不要な探り合いがなくなります。社内の文化を作ったり、コミュニケーションの起点を増やせますね。

1番注目しているのは、『ライブ』機能をこのイベントに絡めること。参加できない社員がイベントの様子を除いたり、トップがメッセージを発信するのに非常に向いていると思います。イベントアーカイブをリッチにすることおできますよね。

f:id:toko926:20161014080944p:plain

導入企業は?多国籍企業が続々と導入中。

f:id:toko926:20161014081216p:plain

すでにグローバル企業では導入が進んでいます。ダノンやブッキング.com、そしてNGO系だとセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、オックスファムなどが導入しているようです。

導入した企業へのインタビューがありましたので、一部引用します。

Booking.com(ブッキングドットコム)

f:id:toko926:20161014081421p:plain

Product development
With Workplace, employees shared how they delivered amazing travel experiences. This sparked a global conversation about improving the product through better personalisation, later realized through a hackathon.

Booking.comはオンラインの予約サービスですが、Workplaceの導入後に従業員が自らの旅の経験を共有するようになり、世界中でサービスの向上に役に立ったりしたそうです。

More voices
The new US Brand Director used Workplace to hold a virtual brainstorm. During this four-hour session, employees across 8 countries came together to share perspectives. 

 ブレインストーミングに使用したそうです。4時間のセッションで8つの大陸から参加があったそうです。

Colombia(コロンビア)

f:id:toko926:20161014081527p:plain

Better event participation

For the company’s annual volunteer day for Portland-based employees, all invitations were managed through Workplace, which increased registration numbers.

会社が毎年行うポートランドの従業員よって行うボランティアイベントで参加率が上昇したそうです。 やはりイベント管理機能は使い勝手が良いようですね。

Igniting company culture
Employees share photos and comments from events across the company, strengthening Columbia’s culture.

従業員がイベントの写真やコメントをWorkplaceで公開し共有することで、企業文化の強化に繋がっているそうです。

 

いいんじゃないですか!?Workplace(ワークプレース) 

 

f:id:toko926:20161014082048p:plain

使い慣れたユーザーインターフェースで値段も安く、導入ハードルが低そうなWorkplace、結構良さそうです。アプリはiPhone、Androidに対応です。

 

導入検討はWorkplaceのページから問い合せが可能です。

workplace.fb.com