tokoproject.com

TOKO PROJECT

シリコンバレー発のテックニュースを中心に発信しています。時々、食べ物や健康に関する情報を発信しています。トライアスロン挑戦中。

格安スマホ比較!LINE(ライン)モバイル、楽天モバイル、DMMモバイルの3社を比較してみた!カウントフリーやViber050IP、DMMの複数SIMなど強みを徹底分析!

スポンサーリンク

前回の記事で「格安スマホに乗り換える!」と宣言したので、ちゃんとどこの格安スマホがいいのか、調べてみることにしました。現在はギガモンスターですこぶる快調なのですがどうなのでしょうか!さぁ、いきましょう!

格安スマホ(格安SIM)をおさらい。MVNOってなんだっけ!?

f:id:toko926:20161023001111j:plain

画像:MVNOの仕組み

ちなみにMVNOとは(Mobile Virtual Networking Operator)、「実際に設備を持つ通信キャリアから、移動体サービスに必要な設備を借り受けて、通信サービスを提供する」ことをいいます。 ※余計分かりにくくなりました。

つまり、「ドコモ、au、ソフトバンクから回線を仕入れて、自分たちのブランドで再販売しているのです!」 ※めっちゃわかりやくなりました。

僕が考えるMVNOの競争力とは、以下の通り。これから3社取り上げますが、この軸で「良さそう!」と思った格安スマホのキャリアだけを調べることにしました。

たくさんありすぎて全社の比較は無理です。 

たくさんある格安スマホキャリア、良さそうな格安SIMを選ぶコツ!!

これが格安スマホを選ぶ3つの条件です!(独断)

 

  • ブランド・販売力による調達能力:これがあればコストが下がり、ユーザーにもより安価に提供できる(はず)ユーザーも安心。
  • 自社サービスと絡めたメリット提供:格安スマホはかなりレッドオーシャン(競争激化市場)なので、これがないと顧客に訴求できない。
  • 良質なカスタマーサービスを提供できる企業規模:自社でサポートまでやるなら会社の体力がそれなりに必要です。大手3社から借りてるネットワークとは言え、スマホはインフラなので、これは重要です。

 

この3点を軸に、改めて(完全に独断で)選んでみました!

  1. LINEモバイル
  2. 楽天モバイル
  3. DMMモバイル


完全に独断と偏見です。。。普通の人には「FREETEL???」、「IIJ???」って感じだと思うので、、、スイマセン。この中でオススメを探しましょう! 

プランは僕の要望で調べます。それは10GBだ!ギガモンスター(言いたいだけ)だ!そして、フレキシビリティ(Flexibility)だ!

そして、前回の記事同様に条件を加えます。いろんなプランがあるので、検討をシンプルにするのと、『最安で使う(500円で1GBとか)!』はもう既に、情報が溢れているので、「ヘビーユーザー」の為の情報を目指します。そして、プランを利用状況によって変動させやすい事!これが大事です。※完全に自分の為の調査でスイマセン。

 

【比較するに当たっての前提条件と確認事項】

(前提条件)

・音声SIMはなし(縛りヤダ)

・電話はラインかIP電話サービスでする
・10GB以上のデータを使う
・海外に長期で行く時とかに一時的に安いプランに落とせるか
・テザリングはする。
・MNPではなく、新規で契約する

(その他の確認事項)

・データ繰越
・テザリング

・LINEのID検索

1社目はLINEモバイル!特徴はカウントフリー。LINEのヘビーユーザーには強烈。

f:id:toko926:20161023000305p:plain

さぁ、まずはLINEモバイルです。

今年2016年の8月にサービスイン。上場の今年、万を持して、打ち出してきたMVNOサービスです。

f:id:toko926:20161023001942p:plain

 

では、ラインモバイルの特徴を3行でまとめます。

  • 月額は2,640円(税抜き)※10GBで
  • 最大の特徴はカウントフリー※下で解説
  • 1年縛りなし、同一SIMであればデータサイズの変更は可能

【カウントフリーって何!?】

これは、契約したデータに、「LINEとTwitterとFacebookっていうよく使う3つの通信料は含まないから気にせずに使ってね!」というサービスです。

f:id:toko926:20161023001448j:plain

但し書きがありますが、まとめると「ほとんど無料にしてあげる!でも、ライブ配信系(Periscopeとか)のサービスはさすがに容量デカすぎるから対象外ね!」ということです。

ちょっとびっくりなのは、アプリ経由でもブラウザ経由でもカウントフリーにしてくれること。スゴい。これはLINEならではですね!この3つのサービスは、人によってはとてもよく使うので、これは大きい。

※追記 10/25にインスタグラムも追加になりました

コミュニケーションフリープランにInstagramが追加 & 高画質スマホ「ZenFone™ 3」が当たる記念キャンペーン開催 : LINE MOBILE 公式ブログ

 

 

Youtube見たい人はLINEとかTwitterのアプリ内のブラウザ経由で見ればカウントフリーになるんじ・・・(これは当然駄目でした!)

 

詳しくは書きませんが、子供向けにも色々サービスがあるそう。
子供でも安心のラインモバイル

 

今回は関係ないですが、SMSなしプランでもLINEのアカウントが作れるってのも大きいかもしれません。SMSはUberとかで必要なので。。。

f:id:toko926:20161023001913p:plain

 

LINEモバイルのネットワークはドコモです。他社のiPhoneへの対応はこちらでまとめてました。結論3キャリアいける。

 

そんなラインモバイルはこちらから申込可能

 

2社目は楽天モバイル!特徴はVIberを絡めた050IP電話

f:id:toko926:20161023001645p:plain

2社目は楽天モバイル!相変わらずのホームページと料金プランの見辛いこと。。。まさに楽天市場仕様です。オプションも大量

それでも、いいポイントたくさんありました!楽天モバイルの特徴を3行で!

  • 月額は2,380円(税抜き)※10GBで
  • 特徴は050IP電話が無料かつ縛りなしで付帯 ※下で解説
  • 1年縛りなし、同一SIMであればデータサイズの変更は可能

【Viberを絡めた050IP電話って何よ】

楽天モバイルの最大の特徴はこれでしょう。

基本的にデータ+SMS(音声通話なし)の格安SIMは電話番号を使った電話ができません。(LINEとかSkypeは別)

しかし、楽天モバイルはSIMカードに050から始まるのIP電話番号を登録して、この電話番号による通話機能を持たせているのです。

楽天モバイルの場合はSIMに050電話番号を書き込む為、ココがLINE OUTと違いを生み出します。違うのは、通話先への電話番号の通知です。これは、かなり違います。通知がされないと相手は「誰からの着信かわからない」、「掛け直しができない」ということになります。

f:id:toko926:20161023001852p:plain

※1,2Viber Out利用時の通話料です。2016年9月8日時点での無料トライアル利用時の料金です。

そして、この050の番号なんと「契約期間の縛りなしで、無料で付帯」します。これは正直すごい。普段は電話番号使わないけどイザという時にこれは役に立つかもしれません。ちょっと性格が歪んでますが、「電話番号は持ちたくないけど、予約とかで電話機能はやっぱ必要」みたいな場合です。

以下、引用。

※価格は税別です。050番号の基本料は発生しません。SMSのご利用に必要な070、080、090から始まる11桁の番号にかかるユニバーサルサービス料3円(税別)に加え、050番号利用にあたり別途ユニバーサルサービス料3円(税別)が発生します。最低利用期間はありません。また解約時の契約解除手数料も発生しません。

注意すべきはテザリング。公式のヘルプを見ていると気になることが。。。

f:id:toko926:20161023002014p:plain

しかし、実際にはほとんどの機種でテザリングができるみたいです。テザリングが出来ない機種はホームページで確認できるので契約前に見たほうがいいです。これはどこのMVNOでも同じですね!そんなに心配しなくても大丈夫かも。

 契約に関する詳細は、コチラのバナーからどうぞ。

3社目はDMMモバイル!?何がいいの?理由は複数SIMと細かいデータ量の追加

 

えっ!?DMMと思われる方も多いかもしれませんが、DMMは日本の非上場企業の中ではかなり大きいです。日本のユニコーン企業(未上場で時価総額が1,000億円以上)の代表各です。英会話サービス等も利用していますが、たくさんのサービスを運営しているだけあって、そのサービスを回す力には定評があります。僕も信頼しています。

DMMモバイルの特徴を3行で!

  • 月額は2,340円(税抜き)※10GBで
  • 特徴は3枚までSIMが発行でき、シェアできる※下で解説
  • 1年縛りなし、同一SIMであればデータサイズの変更は可能

【3枚まで複数のSIMを発行できることのメリット】

これは非常に便利です。例えば、「iPadとiPhoneでそれぞれSIMを分ける」事によって、いちいちテザリングをONにしなくてよくなります。これは結構煩わしいのでかなり良い。※1枚SIMを追加するごとに3,000円掛かる点は注意

【データ追加時の料金が細かいし安い】

楽天モバイルは100MB300円(1MBで3円)、LINEモバイルは500MB500円(1MBで1円)なのですが、DMMモバイルは100MB200円(1MBで2円)と、「あとちょっとで来月なのに、データがなくなって通信制限になった!」って時に購入しやすい設定になっています。

楽天を見た後だと、DMMはものすごくシンプルなホームページの作りになっていて、ストレスが少なかったです。すごく特筆したモノはないですが、平穏に使えそうです。

 

DMMモバイルはこちらのバナーからどうぞ。

まとめ:LINEモバイルと楽天モバイルとDMMモバイルの比較

料金はほとんど変わらないですね。笑 さすがレッドオーシャン。 ※以下表は10GBで比較

項目 LINEモバイル 楽天モバイル DMMモバイル

月額表(円)※税抜き

     
データプラン 2,640円 2,380円 2,340円
プラン名 コミュニケーションフリー
(データ+SMS)
050データSIM
(データ+SMS+IP)
シングルコース
    ※IP電話は携帯宛10円/分  
追加データの最小購入料金 500MB/500円 100MB/300円 100MB/200円
       
確認事項      
該当プランでの1年縛り なし なし なし
データ容量の変更 同じSIMなら無料 同じSIMなら無料 同じSIMなら無料
ネットワーク ドコモ
他社端末は要確認
ドコモ
他社端末は要確認
ドコモ
他社端末は要確認
       

初期・一時費用(円)

※税抜き

     
契約事務手数料 3,000円 3,394円 3,000円
       
その他のメリット      
通信料に関する特典

LINE、Twitter、Facebook

が通信料無料

050番号が0円で縛りなしで付帯 特になし
ポイント 月額基本利用料の1%分

楽天Sポイントで

支払い・貯まる

DMMポイント10%
データ繰越 あり あり あり
テザリング 可能APN設定の変更ができないと不可 APN設定の変更ができないと不可 APN設定の変更ができないと不可
LINEのID検索 可能 不可 不可
  • LINEのID検索が必須ならラインモバイル
  • IP電話も契約をまとめたいなら楽天モバイル
  • 複数SIMで最安がいいならDMMモバイル

でいいでしょう!僕はラインモバイルかなー。。。IPは他社でもいいし。。。

端末増えたらDMM一択です!わー長かった。。。疲れた。。。

 

それぞれの申込みはコチラのバナーからどうぞ!

f:id:toko926:20161023000305p:plain

 

関連記事 

 続きです。

blog.tokoproject.com

 

前回の記事。

blog.tokoproject.com